高齢者の熱中症の急増と竜巻警報のニュースについて - ダイエット情報ブログ 美々痩身 〜キレイとスリムを手に入れよう!〜

高齢者の熱中症の急増と竜巻警報のニュースについて


最近、少しだけ朝晩が涼しくなってきたと思いませんか?

私の住んでいる地域では、先日、23日の 「大暑」 以来、
少しずつ夜と朝方が涼しくなってきました。

ただ、全国的に日中はとても暑く、このブログ、美々痩身
でも度々とりあげているように "熱中症" でお年寄りが
なくなられたり、救急車で運ばれているようです。

連日報道される、お年寄りが熱中症にかかったニュース


22日の日本海新聞
熱中症が急増 関係機関は注意を呼び掛け
という記事が掲載されています。

介護施設に入所する80代の女性はクーラーが苦手で、日中から
暑い部屋に寝ていた所、睡眠中に体温が上昇したとして病院に
搬送されたそうです。

お年寄りが熱中症になりやすい理由と注意点


記事の中では、
高齢者は発汗しにくく、発熱することが多い。熱中症になっても
気づきにくいので、重症化してしまう恐れがある
」 ことを伝え、

さらに、
涼しい場所に長時間いる人や体調が悪い人は、急に暑い環境に
出ると熱中症になりやすい
」 と医師も注意を呼び掛けています。

また、
高齢者は自律神経の衰えで、若いころに比べ 「のどの渇き」 や
脱水症状」 に気付くのが遅れるため

のどが渇いたと感じたときはすでに脱水症状の黄色信号
と警告しています。

熱中症対策には、こまめな水分補給が大事です!


熱中症にはご用心!熱中症の症状と対策方法教えます!
でもお伝えしましたが、

のどの渇きを感じなくてもこまめに水分を取ることが大事です。

今は、夏の甲子園の予選大会が開かれているようです。ご自分の
お子さんや母校の応援で夢中になり、熱中症で倒れてしまうなんて
ことがないようにくれぐれも気をつけてください。

睡眠時にも体内から水分は出て行っています


寝ている時は思っているよりも体の中から水分が出て行っています
水分が不足すると肌にも良くないですし、毎日のお通じを良くする
ためにも私の場合、実行しています。

記事の中では
寝る前にコップ1杯の水を飲む。枕元にペットボトルに入れた
水分を置いておく
」 など常に水分補給できる準備をしておくことも
奨励しています。

水分を枕元に置いておくと災害時にも役立ちます


日本の場合、地震が多いですし、先日の梅雨の季節に土砂崩れで
家が崩壊
したニュースもよく報道されていましたよね。

昨日は、東京・神奈川・埼玉などに竜巻注意報がでたという
ニュースをテレビで見て驚きました。

例えば、そんな災害で瓦礫の中に閉じ込められた場合、水分が近くに
あるかないかで生存率が大きく変わってくる
そうです。

私の場合、外出先でホテルや旅館に泊まるときでも必ず500mlの
ペットボトルや水筒を枕元に置いておく
ようにしています。

節約も大事ですが、命の方がもっと大事です!


お年寄りの場合、戦争などで苦しい時代を乗り切ってきた
ことや、年金をやり繰りして生活している方も多いため、
どうしても節約のためにクーラーなどの冷房器具を使わずに
耐えてしまうことがあると思います。

ただし、38度を超えるような猛暑である場合、家の中にいても
徐々に体力を奪っていきます
し、高血圧や心臓、腎臓などに
持病を持っている方は、我慢しすぎないように昼間の一定時間
だけでも冷房器具を使うべき
だと思います。

節約ももちろん大事です。ただし、命の方がもっと大事です。

体のことを一番に考え、頑張り過ぎないようにしましょう!

今日はダイエットの話題ではありませんでしたが、連日の
お年寄りの熱中症のニュースについて心を痛めていましたので、
その話題を取り上げてみました。

明日は、"体脂肪" についての記事を書く予定です。お楽しみに♪

関連記事


熱中症にはご用心!熱中症の症状と対策方法教えます!
今日は大暑!暑い夏にはみんなが大好き!スイカでダイエット!


関連記事

【美々痩身より 熱中症の最新記事】
ノッツェ利用料金

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。